Olive Japan 2014

アップが遅くなりましたが、今年もOlive Japan 2014に出展いたしました。GWの前半、4月26日、27日の2日間、
お天気に恵まれたのが何よりでした。
今年も例年通り、カスティージョ・デ・カネナのオリーブオイルを輸入業者さんと一緒に出展。
DSCF3246.jpg

いつものことながら、素敵なボトルが目を引きます。
女性に大人気の冷燻オリーブオイル。ほのかな燻製の香りを味わうと、お客様は必ず、
「あ、美味しい!」と言ってくださいます。

DSCF0788.jpg

赤いボトルは初日搾りのオリーブオイル。10日間の搾油期間のうち、初日に収穫した分だけを
4時間以内に搾った、本当に青々しく、若々しいオイルが詰まっています。

DSCF0794.jpg
一般のお客様はもちろんのこと、ソムリエのお仲間、協会のスタッフさん、スパイス関連のお友達、旧友、家族と、本当にたくさんの方たちにご来店いただきました。ありがとうございました。

DSCF0803.jpg

DSCF3219.jpg

そして・・・

DSCF3212.jpg
ファミリーレゼルブ ピクアルが最優秀賞を頂きました!!!

DSCF3251.jpg
そのほかにも
ロイヤル 金賞
ファミリーレゼルブ・アルベキーナ 銀賞
ピクアル ビオ (こちらは、JAS認定の手続き待ちでまだ入手できていません)金賞
とたくさんの賞を頂きました。

好評に着き、最優秀賞の ファミリーレゼルブ・ピクアルの在庫が残り少なくなってきました。
次回の入荷が6月中旬になりますので、ご希望の方はお早めにGrancher でお買い求めください。

(画像は毎年のことながら、お嫁さんのパパに撮って頂いております。)

また、銀座三越 デンマーク・ザ・ロイヤルカフェ、コミュニケーションプレイスにて、オリーブオイル講座を行っております。日程が決まりましたのでお知らせいたします。

5月14日(水)オリーブオイル スパイスとともに楽しむ 
7月1日 (火)オリーブオイル基礎講座
8月29日(金)オリーブオイル スパイスとともに楽しむ

時間 10:40-13:30
料金 6,000円 (ランチ、デザート付)

「オリーブオイル基礎講座」
オリーブオイルについての基本を学びます。オリーブオイルと健康、オリーブオイルの製造工程、選び方、保存の仕方、使い方、注意点など。オリーブオイル数種類をテイスティングしていただき、その違いなどを知っていただきます。

「オリーブオイル スパイスとともに楽しむ」
基本、オリーブオイルの基礎を学んでいただいた方への講座として設定しておりますが、初めての方でも、ざっと復習しますので問題ありません。
脂肪酸のお話や他のオイルとの比較など、一歩踏み込んだオリーブオイルのお話と、オリーブオイルとスパイスの相性、
使い方などを解りやすく説明いたします。もちろんテイスティングもありますよ^^。

お申し込みは
コミュニケーションプレイスまで

オリーブオイル講座

私は年に6回ほど、銀座三越新館1階のデンマーク・ザ・ロイヤルカフェでオリーブオイル講座を担当させていただいています。
毎回講座を開くたび、主宰者の大戸尚美さんが公式ブログにアップしてくださるので、ついつい私のブログへのアップを怠ってしまっておりました(^_^;)

参加者は女性が多いのですが、たまに男性もいらっしゃいます。
男性もお料理に興味がおありの方が増えていますね。

 

講座は基本講座とアドバンスドに分けています。
基本講座では、オリーブオイルの簡単な歴史から、オリーブオイルができるまで、オリーブオイルの使い方や
保存方法、そして選び方など、基本的なことを学びます。

毎回テイスティングも行います。プレミアムオイルから、質の劣悪なオイルまで、実際にテイスティングをしていただくことによって本当に美味しいオリーブオイルを知っていただけます。

また、アドバンスド講座では、一歩踏み込んだ、脂肪酸の話、他の食用油の話、オリーブオイルとスパイスの上手な使い方などをご紹介しています。

毎回、簡単ではありますが、オリーブオイルを使ったレシピもお配りしています(最近写真を入れて質を上げました^^)

都度、オリーブオイルについての最新情報なども盛り込んでいます。

なによりもここの講座のよいところは、美味しいランチがついていることです^^
 
シェフにお断りしてありますので、お料理やデザートにお気に入りのオリーブオイルをかけて召し上がっていただけます。

次回の講座ご案内
5月14日 オリーブオイルアドバンスド講座(スパイスと楽しむ) 
     三越新館1F デンマーク・ザ・ロイヤルカフェにて 10:40〜 ランチ、デザート付 6000円
お申し込みは こちらからお願いします。

Olive Japan 2013 無事終了

  DSC_5630.jpg
 年に一度の日本最大級のオリーブオイルのイベントOlive Japan 2013が4月27,28日の両日、二子玉川Rise のガレリアで開催されました。昨年に続き、私のショップもスペイン産オリーブオイル「カスティージョ・デ・カネナ」の製品6種を引き連れ、出展いたしました。

 昨年の寒さが記憶に残る中、今年はなんとかお天気に恵まれました。初日の夕方は時々吹き抜ける突風にひやひやしましたが、二日目は穏やかでした。

DSCF3176.jpg

 カスティージョ・デ・カネナの製品は、現場での声で、皆さん「おいしい!」と言っていただけます。赤いボトルは初日搾り。10日間の収穫のうち、初日に収穫したオリーブだけを4時間以内に搾ったオイルで、若いだけあってパンチのあるお味。苦味が特徴とピクアルと辛味が特徴のアルベキーナ。苦味と辛味の二言では語りつくせないお味ですが、実際に召しあがっていただいてご納得いただけたのではないでしょうか。

 黒いボトルは同じくピクアルとアルベキーナですが、2日目から10日目までの収穫オリーブを搾ってタンクに取りためていったもの。2日目の若いものから10日目までの少し成熟がすすんだものまでが良い感じに混ざり合って落ち着いた味わいが楽しめます。

 DSC_5676.jpg
 向こうに目を引く青いボトルはアルベキーナ種をスモークしたもの。これを温野菜やシェーブルチーズにかけると絶品!孫はシラスご飯にかけて食べています。

DSCF3180.jpg
 こちらは、樹齢3000年のロイヤル種。辛みと苦みのバランスがとてもよく、一言で「おいしい!!」という言葉をいただきます。最近周りでもロイヤルファンが増えて、嬉しい限りです。二年連続、金賞をいただきました。

DSCF3181.jpg
 風で飛んでしまうといけないので、全部を飾りませんでしたが、今年は去年銀賞だったファミリーレゼルブ(黒ボトル)のピクアル、アルベキーナともに金賞をいただきました!

DSC_5697.jpg
くまもんの撮影会に来ました。妹・・・いや、孫娘です。泣かずにピースができました。

DSC_5671.jpg
数あるボーイフレンドの一人、はるくんと風船でデート?



DSC_5652.jpg
たくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。

 カネナのオリーブオイルのファンが着々と増えていることを実感した2日間でした。
そして、お客様のみならず、ソムリエ仲間の方がずいぶんと声をかけてくださいました。ひとつのことで人が繋がるって、素敵なことです。ありがとうございました。

 本部、そしてスタッフの皆様も、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

(写真は昨年に引き続き、お嫁さんのパパが撮ってくださいました。ありがとうございました。)
 

フレーバード・オリーブオイル

 オリーブオイルには、様々なフレーバーがついたフレーバード・オイルがある。フレーバード・オイルの基本のオイルはもちろん、エクストラバージン・オリーブオイルを使用するのが普通(そうでない場合もあると思われるが)。が、一度フレーバーを付けると、エクストラバージン・オリーブオイルと呼ぶことはできない。エクストラバージン・オリーブオイルと格付けされるのは、良質のオリーブを適した時期、適した方法で、機械的な手法のみでオイルを取り出したもの(味、風味ともに欠陥がみとめられないもの)にのみ与えられる呼称で、フレーバーを付けるという工程を経ることにより、もはやエクストラバージン・オリーブオイルではなくなる。
 
 とはいえ、世の中には様々な美味しいフレーバード・オリーブオイルが存在する。オレンジ、レモン、ハーブ、ガーリック等、バラエティーに富んでいる。

 今日はそのフレーバード・オリーブオイルのご紹介である。

IMG_4313.JPG
 まず、こちら。レモンとガーリックのフレーバーがついている。イタリアのオイルであるが、自由が丘のスパイス専門店で購入。買い占めていくお客様もいらっしゃるとか・・・。今日はこのオイルを開封して、ためしに、カプレーゼに使ってみた。

IMG_4315.JPG
 トマトは時期的に濃厚とは言えないが、お気に入りのマダガスカル産の黒胡椒とともに。。。GOODでした。サラダはもちろん、白身魚のカルパッチョなどにも合いそう。

 さて、もう一つ、珍しいフレーバード・オイルを入手した。ローズのフレーバード・オイルである。たまたま日本オリーブオイルソムリエ協会のEさんからその情報を得て、「え?ローズ???」と思わず。。。ローズといえば、私の年代は資生堂の化粧品のイメージ。香りとしては、私の中ではそのイメージが強い。アロマの勉強をした時も、ローズの精油はどうしても資生堂(何故資生堂かというと、昔は資生堂とカネボウぐらいしかなく、私の祖母や母は資生堂を使っていたからである。)を思い出す。

 まずは、イタリアのマリナコロンナ社にお問い合わせメール。オリーブの品種と、アロマの精油を作る時も気にするべき点であるが、まず、薔薇の花の栽培中に農薬を使っているかどうかの確認。友人が薔薇の栽培を視察する目的でブルガリアに行った時も、農薬使いまくりだったそう。。

 その点、先方からの回答では、イタリア、ベルギー、モロッコからの薔薇で農薬は使っていないとのこと。。。。オイルはコロンナブレンド。マリナコロンナ社は、自家農園にたくさんの品種のオリーブを栽培しており、独自のブレンドを出している。

このオイル。日本に輸出しているというので、とりあえず連絡先を聞き、取り寄せてみた。

IMG_4317.jpg
 イタリアはナポリの東側に位置するモリーゼ州に位置するマリナコロンナ社の薔薇のフレーバード・オリーブオイル。その名もRosaOliva。マリナコロンナ社はたくさんのフレーバードオイルを出している。薔薇の花びらのリゾットにかけて。チーズ・アップル、チョコレートケーキに・・とうたっている。

 検索すると、まず、どこかの美容学校?エステ?が引っかかった。そこでは美容オイルとして使っているようだ。

IMG_4323.JPG
 テイスティング用のグラス。公式のものではないが、スペインで購入したもの。このチューリップ型のグラスを手のひらで温めて、香りを出させるものだ。

結果・・・

 やはり思い出した。資生堂・・・。化粧品。やっぱりそうよねぇ・・・そして口に含んでみると・・・やはり化粧品(笑)。フワーっと苦みが口の奥で広がる。

 いや、そんなことばかり言っていてはいけない。試さなくては。薔薇のリゾットは作っていなかったので、まずはチーズにかけてみた。
IMG_4321.JPG
癖の強いチーズであるが、これは合う。クルミのパンにも付けてみたが、これも合う。
不思議。。。

そして・・・チョコレートケーキに合うのならば、スイーツ系がいいのかな、というのでアイスクリームにかけてみた。

IMG_4325.JPG
 うーん・・・。私はあまり好きではないな。若い搾りたてのエクストラバージン・オリーブオイルの方が合うように思う。

 バラといえば、ローズジャムを戴いたことがある。紅茶にとても合う。そのジャムを使ったシフォンケーキも戴いたことがあるが、それもとても美味しかった。
このオイルは、スイーツ系に利用するといいのかもしれない。スイーツのあまり得意でない私は、さてどのように利用するか・・・

 日本オリーブオイル協会のEさんも購入されたので、ご意見、楽しみである。Eさんは、本場でテイスティング済みとか?日本に同等の質のオイルが入ってきているのかどうか、

IMG_4329.JPG
 ということで、現在我が家に揃っているフレーバードオイルたちである。一番左はスペイン、アルベキーナ種のスモークオイル。次が先ほどのレモンガーリック。そして薔薇。一番右は、小豆島の中良商会の堤さん(以前、国際村のオリーブの木を救ってくださった堤さん)の所のグリーンレモン・オリーブオイル。このオイルは、去年も紹介したが、堤さんが手塩にかけて育てたオリーブオイルである。さわやかなグリーンレモンのフレーバーで、去年も売り切れ続出。本当に何にでも合うオイルである。

カネナの初搾り フレッシュなオリーブオイル

 本日、待ちに待ったカネナ社の2012年秋の初搾りのオリーブオイルが到着した。
ファースト・デイ・オブ・ハーベスト。カネナ社は、熟す前の若い実を10日間に渡り収穫するのだが、その初日に収穫した分のみを3-4時間以内に搾油し、ボトル詰めした本当にフレッシュなオイルである。そのオイルが船便に先立ち、空輸で到着した。一年に一度の楽しみな日である。

IMG_4038.jpg
 早速開けてみた。写真だと(iPhoneです)照明の関係もあり、色がうまく出ていないが、本当に綺麗なエメラルドグリーンである。左側がピクアル種。苦みと辛みがバランスよく、フルーティである。おまけに搾りたてなので、青々しさも加わり、パンチがある。右側がアルベキーナ種。スパイシーで、青みの強いオイルである。ファンもとても多い。

IMG_4040.jpg IMG_4043.JPG
寄るとこんな感じ。左がピクアル。そして右がアルベキーナ。

IMG_4045.JPG IMG_4057.JPG
 白子のソテー。真鱈の白子である。生食用だったが、両面をこんがりオリーブオイルでソテーし、レモンを搾って。両方のオイルを試してみた。私は、アルベキーナの方が好きだったかな。

IMG_4049.JPG
 サラダ。秋らしく柿が入っているのが見えるだろうか。柿と生ハムは相性がいい。今日はピクアルで・・・レモンと塩とオリーブオイルのみ。大盛りを二人で完食。

IMG_4053.JPG
 ワインは前にもご紹介したが、息子夫婦にもらったEducated Guess。二人とも飲まないので、ショップの人にいろいろ聞いて選んでくれたそう。

 化学者がつくったというこのワイン。ピノ・ノワール。
 今日は、世間的にはよい夫婦の日らしいし、明後日は彼らの結婚記念日だ。いつまでも仲良くして欲しい・・・と願いを込めて・・・と、理由を付けて、私達が開けさせていただいた。美味しく戴きました〜♪

IMG_4067.JPG
パスタはシンプルに。ブラックペッパーとパルミジャーノ・レッジャーノのパスタ。
Facebookでお友達になっていただいているJ.Kさんのブログのレシピを拝借。

IMG_4061.JPG
 メインは、オリーブ牛ならぬ、幻の葉山牛。夕方遅めにスーパーに行ったら半額になっていたので(笑)石焼き(陶器のフライパンで)ステーキ。ブラックペッパーを多めにふって。こちらにもちょっとオリーブオイルをたらしてみた。ふわっと香りがたってポン酢やガーリックのステーキとは味わいが違う・・・。

 いつも通り、食べ過ぎたので、いつも通り、デザートはパス

そしてオマケ・・・
IMG_4059.JPG
 実は今日の白子は生食用のもので、本当は焼いてしまうのはもったいないかな・・・と心のどこかにあったので、生食もお味見。普通はポン酢にもみじおろしだろうけど、今日はカネナ到着のお祝い?の日なのでレモンと醤油とピクアル。夫はアルベキーナでお味見。
とろっとろで、オリーブオイルの風味が絶妙で旦那様が絶賛♪♪♪

 オリーブオイルは洋食だけでなく、和食にもとってもよく合う。よく使い方が分からない、肉にはどれ?魚にはどれ?と聞かれるが、調理方法にもよるし、要は自分の好きなオリーブオイルを探すことである。その時は、ちゃんと知識のある人に説明してもらうのが一番である。

カネナのファースト・デイ・オブ・ハーベストは下記のショップでお買い求めになれます。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 湘南国際村のオリーブ その後
    Highball
  • 勢揃い!!に舌鼓を打つの巻
    naoikeiko
  • 勢揃い!!に舌鼓を打つの巻
    miecita
  • 太った!
    naoikeiko
  • 太った!
    CUMIN
  • 30th Anniversary @ SALONE 2007
    AKIKO
  • フォンデュ・ブルギニオンヌ
    naoikeiko
  • フォンデュ・ブルギニオンヌ
    上原真理
  • 夫の還暦祝い@箱根 (1日目)
    ふじわら
  • 夫の還暦祝い@箱根(2日目)
    けんじ

recent trackback

        

my websites


オリーブオイルのセレクトショップ

なおいけいこ公式ホームページ
なおいけいこ公式ホームページ

visit my friends!

troiscinq
鎌倉のリラクゼーションサロン

オパール屋さん
オーストラリアのオパール屋さん

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM