キッチンリース作りとオリーブオイル講座

8月最後のコミュニケーションプレイスの講座として、特別企画。
スパイス&オリーブオイル講座では、まず、キッチンリースを作りました。

キッチンリース.jpg
使うスパイスは、ローズマリー、タイム、月桂樹、赤唐辛子、にんにく、シナモンスティック、スターアニス、ドライオレンジです。


作業中、プレイスの中はローズマリーのさわやかな香りに包まれます。
このリースは、作りたてはもちろんフレッシュですが、しばらくキッチンに飾っておくと乾いてきます。
乾いた状態を想定しながらたっぷりの量を刺していきます。
スパイスは乾くとフレッシュなときよりも芳香が強くなります。
ローズマリーやタイムはお肉の下味をつけるときなどにオリーブオイルとマリネすると、肉の臭みもとれ、オリーブオイルの作用で肉も柔らかくなり、ほんのりさわやかな香り付け効果もあるのです。


皆さんご自分の好きなバランスで作りこんでいきます。


個性が出ますね!どれも素敵です。


オレンジはこの場合、実際にお料理に使うわけではないのですが、指し色としても可愛いでしょ?

この時期はちょうど唐辛子が赤く色づいてきたので生を使っていますが、手に入らないときには乾燥の鷹の爪にワイヤを通して作ります。

にんにくは、新にんにくが出る頃、小さめのものを選んでとっておいたものです。
使い終わったらリース台で他のリースを作ってもいいですね♡

そして、オリーブオイル講座は、まず、地中海式食事法と、糖質過剰摂取に基づく太るメカニズムについて。




そして、いよいよテイスティング。今回は盛りだくさんですよ〜!

テイスティングはこの5本。それぞれ特徴のあるプレミアムオイルです。


あれも、これも、と試しているとあら、こんなにカップが・・・


この3本はフレーバードオリーブオイル。左からスモーク、ハラペーニョ、チョコレートです。
ランチのときにハラペーニョを目玉焼きにかけてみましたがGooooooodでした。

コミュニケーションプレイスのオリーブオイル講座は、ランチがついています。
テイスティングに使用したオイル+私が持参したオイルをかけていろいろ試せるのもお・と・く!です。

10月からの日程が決まりました。
10月14日 オリーブオイル基礎講座
11月11日 オリーブオイル&スパイス講座 

どちらもコミュニケーションプレイスまでお申し込みください。
ほかにも楽しい講座が盛りだくさんです。

バーニャカウダ用ポットを買った

 にんにくとアンチョビとオリーブオイルのソースでいただくバーニャカウダ。我が家では定番であり、BBQのときにも作る。もちろん、オリーブオイル講習会でも必ず紹介する一品である。先日先輩から、チョコレートフォンデュ用のポットをバーニャカウダに使っていると教えていただいた。デンマーク製のモダンなポットである。なるほど、たしかにチョコレートフォンデュ用ならピッタリである。キャンドルを灯すと幻想的な光が漏れるそうだ。
tc2.search.naver.jp.jpg
かえって早速ネットサーフィンした。
←このポットである。素敵でしょ?
でも、結構高値である。数が欲しかったので、もう少し検索。
すると、世の中にはいろいろな種類のバーニャカウダ用ポットが出ているではないか。



tc4.search.naver.jp.jpg tc3.search.naver.jp.jpg tc2.search.jpg
tc1.search.naver.jp.jpg tc1.search.naver..jpg
こんなにバリエーションが豊富!!
 
 そこで決めたのがこれ↓日本製。

DCIM0403.jpg

ソースが入る量が適当で、これも、水玉のキャンドルライトが漏れて可愛い。
空気孔なんだろうけど・・・

で、ためしに電気を消してみた。

DCIM0406.jpg
こんな感じ。
 
 テーブルの演出としてはなかなかGOODである。でも、家でこんなにムードを出して食べることはないだろうし、そもそも唇を火傷しないように気をつけないとね(笑)。


お気に入りのリモージュ焼き

 最近、オリーブオイル専用皿をよく見かけるようになった。葉っぱのような形のもの。階段状になっていて、深くなるごとに色が濃くなって見えるものなど、種類も増えてきた。でも、私はシンプルなお皿が好きである。色はもちろん白。それぞれのオリーブオイルの色がよくわかる。



 このお皿、フランスのリモージュ焼きである。底が傾斜していてだんだん深くなっていて、左側には塩を乗せるようになっている。
 お値段もなかなかのものである。これで3,000円。
 今日のオリーブオイルは、収穫初日に絞ったオイル、カスティージョ・デ・カネナ社のファースト・デイ・オブ・ハーベスト。ピクアル種(スペイン産)である。
 この緑はすごい。もちろん、お味もインパクトあり。青々しい若草の香りが口いっぱいに広がる。今日は、シンプルにパンにつけていただいた。 

抱き合う恋人たち S&P

 この愛らしい抱き合う恋人たち。塩と胡椒入れ。これはもう7年ぐらい前だろうか、タイに行った時にバンコクの屋台で一目ぼれして買ったものだ。タイの屋台なので、お土産用に何組も買って、目いっぱい値切った。いろいろな色の組み合わせがあって、友人たちに配った。なんともいえないこの愛らしさ。

DCIM0305.JPG
底の部分から塩やコショウをいれるようになっている。正直、蓋のつくりはチャチ。


DCIM0304.JPG
顔の部分から塩やコショウが出るようになっている。


DCIM0303.JPG
角度によってはキスしているようにも見える。

 これを買った数年後、パリのデパートで、結構なお値段で売っているのを見た。ギャラリー・ラファイエットだったかな? 

 余談だが、そういえば、むかーし、むかし、仕事でバンコクによく行っていた頃、「なーんちゃってラコステ」を道路の地べたにならべてあちらこちらで売っていた。着てみれば、早くほつれたりして、「やっぱりね・・・」なのだが、当時値段が1000円ぐらいで買えた。それを、フランス人が漁るように買っているのを何度も目撃したことがある。今でこそ違うが、当時は、ラコステといえばフランスの銘柄しかなかったのだ。「フランス人が買っちゃうんだ、そんなの・・・」と思ったものだが、もちろん私も買った。私も着たし、主人にも着せた(^▽^;)。 ワンシーズン着るには十分だし、デザインも豊富だった。今でこそUNIQLOで安く買えるが、当時はポロシャツの値段も馬鹿にならなかったから、お得感たっぷりだった。

 話は戻るが、この塩コショウ入れ、最近ネットでもお目にかかるようになってきた。それを見てびっくり、NYCのAlberto Mantillaというデザイナーの作品で"Hug"というタイトルがついた Solt&Papper Shakerらしい。確かに製造はタイとなっているが、値段を見てもっとびっくり、3480円!白黒バージョンしかないようだ。
 私が見た屋台では、色のバラエティーが豊富だったし、私は確か一組数百円で買ったような・・・。ということは、もしかしたらコピーだったのかしら?さすがコピー王国タイ!
フランスで売ってたのも、カラフルだったからコピーなのね、きっと。
 でも、目の付け所は悪くなかったと、自画自賛。

便利なヤツ

 去年の今頃、パリに行ったときに買ってきたキッチングッズの中の1つがこれ。まず、形に惚れた。
DCIM0106.jpg
 大きさを比べようと思ってにんにくと一緒に写真をとったけど、横に並べていないので意味なし!!にんにくの皮むきです。てっぺんの穴からにんにくを皮ごとひとかけら入れて、まな板や調理代の上で手のひらでごしごしとしごくと、ペロンと剥ける。。。。はずだった。
 が、最初は、力の入れ方が足りなかったのか、まったく剥けず、ただの飾りと化していた。

 が、あるとき、TVの便利グッズとして、同様のシリコン製のにんにくの皮むきが紹介された。それをみて、自分の力の入れ具合が足りなかったのだと気付いた。そして、再度使ってみた。あら、剥けるじゃない!

 私は、料理でにんにくをよく使うので、便利便利♪ なーんだ簡単!と、1つ入れてはごしごし、もう一ついれてはごしごし・・・・♪♪

 そうしたら、↓ こんなんなりました〜(泣)

DCIM0107.jpg
あらら、調子に乗って力を入れすぎた・・・?
ショック!
でも、まだ使える。この破けた穴からにんにくの出し入れができちゃったりもする。でも、パフパフすると、中から剥けた皮がふわふわと飛び出て舞い散る。。。。
で、探してみた。
日本では、つまらない筒の形のものしか売っていないので、Amazon Frで・・・。


 あった〜〜♪♪   Amazon Fr

日本からでも、以前本を注文できたから、今度もいけるかな。。と早速3個まとめて注文。
ロ_ρ゛(・・ ) ポチッ

 でも、だめだった、「この商品は海外への発送は行っておりません」 という意味のメッセージ。残念。

 この子、形はともかく、完全に破壊されるまでは、きっとしっかり役目を果たしてくれるでしょう。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 湘南国際村のオリーブ その後
    Highball
  • 勢揃い!!に舌鼓を打つの巻
    naoikeiko
  • 勢揃い!!に舌鼓を打つの巻
    miecita
  • 太った!
    naoikeiko
  • 太った!
    CUMIN
  • 30th Anniversary @ SALONE 2007
    AKIKO
  • フォンデュ・ブルギニオンヌ
    naoikeiko
  • フォンデュ・ブルギニオンヌ
    上原真理
  • 夫の還暦祝い@箱根 (1日目)
    ふじわら
  • 夫の還暦祝い@箱根(2日目)
    けんじ

recent trackback

        

my websites


オリーブオイルのセレクトショップ

なおいけいこ公式ホームページ
なおいけいこ公式ホームページ

visit my friends!

troiscinq
鎌倉のリラクゼーションサロン

オパール屋さん
オーストラリアのオパール屋さん

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM